2019.7 / 17

絵本

shoです。
 
 
 
 
今回紹介したいのは私自身も最近知った絵本作家エドワード・ゴーリーについてです。
 
 
 
 
世界一残酷な絵本作家と言われたエドワード・ゴーリー。
 
 
 
 
そこに描かれてるものはまさに不条理、そして不気味です。
 
 
 
 
とても我々が想像する絵本とは程遠いものです。
 
 
 
 
そんな中でも衝撃だった作品が、
 
 
 
 
ギャシュリークラムのちびっこたちです。
images (2)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この本はアルファベット26文字、
 
 
 
 
それぞれの名前の頭文字とする子供たちが
 
 
 
 
それぞれ違う理由で死んでいく場面がただただ描かれてる絵本です。
 
 
 
 
時には階段から落ち、時にはくまに襲われ
 
 
 
 
それが26ページに渡って続きます。
 
 
 
 
恐ろしく不気味な設定ですよね。
 
 
 
 
不条理に訪れる死というものを痛感しました。
 
 
 
 
まだまだエドワード・ゴーリーの作品には不気味なものが色々あります。
 
 
 
 
ぜひチェックしてみてください!
Bookmark and Share