2018.9 / 9

哲学

✳︎さいき✳︎

BDB0660C-0D35-42FD-9AC3-344D5C3D060E

プリンです

ハマりました

 

表面硬めがいいです

中は滑らかなのがいいです

 

はい

今回は哲学者の話

アルトゥル・ショーペンハウアー

ドイツの哲学者なのですが

結構トゲがあり、好き嫌いはっきり分かれると思いますが

私は好きです

「読書は、他人にものを考えてもらうことである。

本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるに過ぎない。

習字の練習をする生徒が、先生の鉛筆書きの線をペンでたどるようなものである。

だから読書の際には、ものを考える苦労はほとんどない。

読書にいそしむ限り、実は我々の頭は他人の思想の運動場に過ぎない。

そのため、時にはぼんやりと時間を潰すことがあっても、

ほとんど丸一日を多読に費やす勤勉な人間は、

次第に自分で考える力を失っていく」

私もそう感じています

 

中々表に出しにくいことよくいう人だな

と思って見ています

故人ですが面白いです

Bookmark and Share