2017.5 / 18

プルトニウムとウラン

✳︎さいき✳︎

原発の事故があってからずっと気になってたんですが

キュリー婦人て今教科書に載っているんですかね?

個人的には反対派なんですが

 

今日はそんなキュリー婦人が発見したウランの話

知っての通り原子力の源です

ウランは種類があり

自然界でウラン235とウラン238というものが存在します

WW2の話ですが広島原爆の材料になっているのがウラン

自然界に0.7%しかない235の方これの濃度をさらに圧縮し

火薬を入れ爆弾化する

235と238の違いは核分裂の連鎖反応を起こすかどうかの違い

この濃度を100%に限りなく近いところまで上げていたようです

ちなみに発電所では3%

名前はリトルボーイ

IMG_1739

 

一方プルトニウム

これは自然界では存在しません

ウラン238の原子核に中性子を吸収させるとできる

ダイオキシンと並ぶ毒性で人類が作った最悪の物質って言われているようですが

知名度低いですよね

長崎に落とされた原爆の材料です

名前はファットマン

IMG_1740

Bookmark and Share