‘Product Design’ カテゴリーのアーカイブ

productdesign

完成系!

2018.5 / 17

ここまで来るには色々ありますよね

完成系が上がったのでご覧ください

IMG_1806

IMG_1807

北欧らしい微妙な色彩感覚

白く見えるパイピングはヌメ革

経年で飴色に変化しても色は馴染むように考えております

販売価格は未定

納期も今のところ未定

注文受け付け開始は未定

そんな状況ですがものは上がってます

w

地味に大好評

productdesign

シェーカーの

2018.4 / 10

シェーカーのスパイスシェルフ

IMG_1644

通常

キッチン周りに置いてスパイスを並べておく便利なシェルフですが

今ではデザインがシンプルなので使い方いろいろ

うちでは

アロマオイルとか散らからなくていいかと思って

IMG_1645

こういう奴は小さくても基本通りの作り

productdesign

スタッフ T

2018.3 / 23

今期もTシャツ作りました

うそ

昨年の色違いを一部

しかも

顔料の都合まで考えて

IMG_1556

マスタードイエロー良いじゃないか〜

どの様に組み合わせても生みの親が一緒なので先の先まで通用しますね

w

エグゼプティブデザインは私  イラストは翠 製作はリョウくん

productdesign

サンプルの

2018.2 / 27

ヌメ革のパイピングが効果的だね

試しに用意してもらったクッションカバーが完成したというので

作業を午前中で切り上げ引き取りに

IMG_1451

IMG_1450

そんなものいくらでもあるでしょ

そう思わないでくださいね

北欧家具には北欧の素材が基本かもしれません

本格的なソファなどの張り地の質を求めるなら質の良いウールを使いたい

写真では伝わりにくい部分ですが

素材が良い分デザインは控えめになりますよね

周囲との調和が不可欠ですから

クッションが無いと不便ですが目立ちすぎてもバランスを崩します

バックオーダよろしくお願いします

productdesign

昨夜の

2018.1 / 16

昨夜の打ち合わせでなんとなく方向性は見えたかな

IMG_0883

そこそこ癖のあるイラストだね

翠が描くイラストは目的意識はないワケで

その自由な部分に制限をかけるとどうなるのかな

IMG_0882

少しさっぱりしてるやつでちょっとやってみて頂戴

ヒトの反応が嬉しい事もあるし

伝える事が回る事への不可欠な要素だから

productdesign

そうね

2017.12 / 20

そうねそうだよねー

ノベルティーなんですけど

されどノベルティー

w

売らないアイテムこそ開発の面白さもある

カスタマー心理はこう

「選ぶ喜びを知っているので選べない苦痛に耐えられない」

そんな事もあるかと

色違いを刷っていただいた

IMG_0740

IMG_0738

IMG_0739

すっかり量産体制

それとも

限定品

どうしよう

productdesign

気分転換にもいいか!

2017.12 / 14

出来たてのボトルラベルが新鮮な内に気分転換にもいいので

新旧共に並んでおります

IMG_0610

並ぶとやっぱ景色が違っていいかも

IMG_0608

IMG_0609

トートバッグのデザインをベースに更に手を加えております

IMG_0611

中身は「阿蘇のメイスイ」です

スクリーンショット 2017-12-14 11.40.27これと一緒

本日よりお出ししておりますので飲みたい方は遠慮なく

productdesign

熊本より

2017.12 / 13

本日届きました

IMG_0598

阿蘇の名水をボトリングして

IMG_0599

新しい

オリジナルのラベルで新登場です

FullSizeRender

圭介の会社いい仕事してます

productdesign

完成!

2017.12 / 9

オリジナルのトートバッグ

完成

IMG_0576

アニバーサリーデザインをスローガンモデルに

リ・デザインしたんだよ

分かんない人にはきっと手抜きじゃん

って

思われてしまいそうですが

実はそんな事ないですよ

IMG_0577

内側には小さめのポケットを仕込み

見ての通り素地もバイオ加工を施し一工夫しております

文字デザインだって

って

ま〜

ニュアンスは変わりませんが

どうよ

FullSizeRender

そもそも

スローガンてやつは内に秘めているものであまりにも理解しやすくても読みやすくても

ダサくね

桑の葉も少しタイトに絞ったので

もはや私のイラスト感はなくなりましたが全体美は良くなりました

PS.

調布ブランドだけに「桑の葉」の挿絵

そもそも養蚕(蚕を育て繭を生産する事)地として広く知られておりました

それで

租庸調

「租」は税金

「庸」は徴兵

「調」は特産品

という意味合いがありまして

調布の「調」

調布の「布」は特産品の表れでして

他にも「布田」とかありますよね〜

って

終わんないのでこの辺で

要するに

「桑の葉」一枚で  CHOFUの証になるワケさ

とは言え

桑の葉と理解できるのかって

さ〜

productdesign

もう少し

2017.12 / 6

もう少しです

実はノベルティー難民化しているサロンですが

完成間近

版の確認のためサンプル刷り

IMG_0529

ボディーにサンプル刷り

IMG_0528

いいじゃないか

!!!

という事で若干の修正をかけていただきまして量産体制に入っていただきました

とは言ってもハンドメイドなので

一枚一枚のペースです

そこは譲れないのですよね